スポーツ用品メーカー転職ナビ

スポーツ用品メーカーへの転職をお考えなら

海外ブランドが目立つスポーツ用品業界ですが、国内にもミズノやアシックス、デサントなどなど世界に大きなシェアを持つブランドはあります。これからスポーツ用品メーカーへ転職をお考えならまずどうすれば良いでしょうか?

「在職中で時間がない」、「一人の転職活動が不安」そんな時はぜひ転職サイトを利用してみましょう。DODAならスポーツ用品メーカーの優良案件もしっかりカバーしています。まずは相談だけでもおすすめですよ。

スポーツ用品メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAは人材大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントになります。転職エージェントの中でもトップクラスの規模を誇るエージェントで、スポーツ用品メーカーとも太いパイプを持っているので、転職する際に活用したいところです。大手メーカーからまだキャリアの少ないベンチャー系のメーカーまで、幅広い企業を取り扱っているので自分の希望する会社がきっと見つかるでしょう。その中でもキャリアコンサルタントが的確に転職先のアドバイスをしてくれるので、心強いです。

リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職や就職を取り扱っている企業の中でも国内最大手とされているリクルートの運営する転職エージェントになります。全ての業種の転職情報を取り扱っていて、スポーツ用品メーカーの案件も常時多数用意しています。リクルートエージェントでは第二新卒のような経験の少ない人からハイキャリアの人まで、それぞれの希望に応じてメーカーを紹介してくれます。リクルートエージェントでは経験豊富なキャリアコンサルタントが適切な転職に関するアドバイスをしてくれます。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントは登録者が少しトップどことと比較すると少ないです。しかしその分、一人一人の転職希望者に対してきめの細かなサポートができると評判になっています。しかも新卒の部門ではリクルートとツートップということもあって、スポーツ用品メーカーの案件も多数取り扱っています。こちらを使って転職活動するのも一つの方法です。転職情報を紹介してくれるだけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方もアドバイスしてくれます。

スポーツ用品メーカーの転職事情は?

スポーツマーケットですが、日本では比較的大きな規模を維持し続けています。競技はもちろんのこと、趣味やレジャー、最近では健康維持のために運動習慣を取り入れている人も少なからず見受けられます。このような関係もあって、ユニフォームやスポーツウェア、機械器具、用具など幅広い商品が取り扱われています。ただし国内メーカーの動向を見てみると、苦戦傾向が続いているようです。

そもそも日本の景気がなかなか好転しないこと、さらにボーダーレスになって海外の人気ブランドがどんどん輸入されるようになったことが関係しています。また子どもの体育や少年野球に代表されるようなスポーツ活動についても少子化が進む現在、どうしても伸び悩む傾向が見られます。ただしオリンピックやプロの大きな大会で日本人アスリートが活躍すると、その競技人口が増加することもあり、その部分における需要が伸びることもあります。

スポーツ用品メーカーですが、厳しい環境の中でも生き残りにいろいろと策を練っています。たとえば大手スポーツ用品メーカーを中心として、海外に目を向けている所も出ています。海外マーケットに参入するとか、海外に生産拠点を移す動きも見られます。そもそもスポーツ用品店の場合、多品種・小ロット生産がベースになります。となるといかに製造コストを安く抑えられるかが経営を順調に進めるために不可欠なことになるわけです。そうなれば、安い労働力が手に入る海外に生産拠点を移すのは十分魅力的であるといえます。ですからこれからの時代スポーツ用品メーカーに転職するのであれば、海外で活躍できる人材であることをアピールすると良いでしょう。海外勤務や出張で得意先と商談した経験があれば、有力な武器になりえます。その他にも語学力に自信を持っているのであれば、転職活動をする際にその部分のPRも怠らないようにすることです。

また自主的に考えて行動するとか、クリエイティブな部分で能力のある人材を求める傾向がスポーツ用品メーカーの間では見られます。最近ではただ単に品質が良ければ売れるという簡単なものではなくなっています。プラスアルファの商品価値が求められる時代で、例えばウェア類を中心としてファッション性や機能性などの要素も購入するにあたって重視する消費者も増えています。どのような商品を出せば売れるか、自分でマーケティングなどの情報を加味してアイデアを出せる人材をメーカーは求めているということも頭に入れて転職活動すると良いでしょう。


Copyright (C) 2016-2017 スポーツ用品メーカー転職ナビ All Rights Reserved.