スポーツ用品メーカーの転職と学歴

スポーツ用品メーカーの転職TOP >> 転職の基礎 >> スポーツ用品メーカーの転職と学歴

スポーツ用品メーカーの転職と学歴

新卒で就職する際に、学歴が合否を左右することはままあります。しかし結論から言いますが、スポーツ用品メーカーに転職するにあたって学歴はあまり重視されない傾向があります。むしろその人の応募するまでの職歴がどうなっているかの方を人事担当者はチェックしています。ただし学歴に関してですが、求人情報を見ると専門学校とか短大卒以上と書かれているケースが多いです。高卒で転職するとなると、少しその門は狭くなるかもしれないと思っておきましょう。しかし新卒のように大学卒でもどこの大学を卒業したのか、偏差値の高い有名大学を出ているかといったことは中途採用ではほとんど重視されないと思って良いでしょう。

スポーツ用品メーカーの求人を見ると、募集している職種の実務経験を持っていることが応募条件としているものが多いです。中には20代のような若い人材を対象として、未経験者・第二新卒でも応募可能としている案件もしばしば見られます。しかしこの場合でも、実務経験を持っている人の方が採用では有利に働くと思って良いでしょう。ただし業種は違っても募集職種の経験を持っている人であれば応募できる案件は多いです。たとえば営業スタッフの募集がしばしばスポーツ用品メーカーでは出ていますが、食料品や文房具などほかの業界で営業経験があれば、その部分は採用の際に評価してくれることが多いです。実務経験ですが、少なくても3年は募集職種のキャリアを積んでいないと評価はされないでしょう。

このように中途採用の場合、基本的に学歴は採用においてあまり影響を受けないと思って良いでしょう。ただし例外もあります。たとえば、研究系の職種に応募する場合には学歴が意外と重視される傾向が見られます。素材や商品開発の世界では、高い専門性が要求されます。そこで実務経験の有無だけでなく、大学院以上の学歴を有しているかどうかチェックされると思っておきましょう。しかも大学院の中でもどこの学校を出ているかも、けっこう採用の可否を判断するのに影響を受けるといわれています。

また一部スポーツ用品メーカーの中には、学閥が形成されているケースも稀ですがあるようです。その場合には、どのような学校を出ている人が多く入社しているかはチェックしておいても良いでしょう。もし自分も同じ大学の出であれば、それが採用担当者の目に留まる可能性もあり得ます。だいぶなくなってきているとはいえ、出身大学は今もなお影響している企業のあることは頭に入れておいても損はないでしょう。

スポーツ用品メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 スポーツ用品メーカー転職ナビ All Rights Reserved.