スポーツ用品メーカーの仕事内容

スポーツ用品メーカーの転職TOP >> 転職の基礎 >> スポーツ用品メーカーの仕事内容

スポーツ用品メーカーの仕事内容

スポーツ用品メーカーでは、いろいろな職種の人が在籍して仕事をしています。まず研究開発の仕事があります。研究開発の中でもどの分野の研究をするかによって、部門が分かれている場合もあります。素材の研究の場合、よりそれぞれの競技でアスリートのパフォーマンスを発揮できるような素材を開発するのが主な仕事です。また性能向上の場合、気製商品を見直して、さらなる性能向上できるために工夫するポイントはないかを考えます。

スポーツ用品メーカーでは、デザイナーも多数在籍しています。まず商品企画の担当が、新商品に関する企画を立案します。そしてこの企画内容に沿うような形で、商品を具現化していくのがデザイナーの仕事になります。この時自分だけで業務を行うのではなく、企画・開発担当者ともコミュニケーションをとりながら作業を進めていきます。ちなみに最近のデザインですが、コンピューターの専用ソフトを使うことが主流になっています。デザイン系の専門学校などを卒業して、コンピューターの操作経験を持っている人が採用されます。

スポーツ用品メーカーでは、営業担当者もたくさん見られます。他の業種と基本的な仕事内容は一緒で、得意先などを中心とした取引先に自社で開発した商品を売り込みます。大きなメーカーになると、メーカー営業と代理店営業のように得意先によって部署を分けているところも見られます。メーカー営業の場合、代理店から販売店、学校、スポーツチームなどを対象にして、新商品の提案などを行います。各エリアのマーケティングや各販売店の営業戦略まで関わりますので、仕事の領域はかなり広くなります。代理店営業の場合、特定のエリアや販売店を担当して、自社商品の売り込みを行っていきます。スポーツ用品メーカーの営業担当の募集を見てみると、異業種の営業経験者も広く募集している案件も見られます。いままで異なる業界で仕事をしてきたけれども、他の世界にキャリアチェンジしてみたいと思っているのであれば、スポーツ用品メーカーの募集を探してみると良いでしょう。

大手スポーツ用品メーカーの場合、コマーシャルなどを使って宣伝をすることもしばしばあります。そこで大手を中心として、広告スタッフの募集を行っていることもあります。コマーシャルを制作する広告会社との打ち合わせ、マスコミ向けのプレスリリースの作成といった外向きの仕事を担当するスタッフになります。広告スタッフの中途採用も見られますが、異業種でも良いので広告畑の実務経験者を対象とした案件が中心です。

スポーツ用品メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 スポーツ用品メーカー転職ナビ All Rights Reserved.