国内系のスポーツ用品メーカー求人

スポーツ用品メーカーの転職TOP >> 条件別の求人 >> 国内系のスポーツ用品メーカー求人

国内系のスポーツ用品メーカー求人

国内のスポーツ用品メーカーの求人はしばしば出ています。しかし常時人材を募集している所はあまり多くないようです。スポーツマーケットですが、国内だけを見た場合縮小傾向が続いているからです。その理由として大きいのは少子化です。少子化によって、少年野球やサッカーのようなリトルリーグのメンバーが減少傾向にあります。ですから国内でも主要な大手メーカーの中には、海外のマーケットに進出して活路を見出しているところが多いです。

しかし世界的に有名なメーカーの知名度が海外では圧倒しているので、その中でどうシェアを拡大していくかが今後の課題になってくるでしょう。たとえばアメリカのトップクラスのスポーツ用品メーカーであるナイキとアディダスの売上高を見てみると、それぞれ100億ドルを超える規模を誇ります。では国内のメーカーはどうかというと、トップクラスのアシックスでも3000億円ちょっとですから、大きな開きのあることは否めません。このような大きな差がついている状態で競争力をつけるためには、即戦力になってくれる人材がどのメーカーでも必要でしょう。そこで特に大手の国内スポーツ用品メーカーを見てみると、海外で勤務できるような人材を求める傾向が見られます。ですから海外を相手にビジネス展開した経験を持っている人は、スポーツ用品メーカーで転職活動をする際にはその部分をどんどんアピールしていくと良いでしょう。

近年のスポーツ用品市場を見てみると全体的に見れば、縮小傾向があり、当面この状態が続くと見られています。しかしその一方で個別の分野で見てみると、まだ伸びしろのある部分も見受けられます。たとえば2015年のスポーツシューズの国内市場規模を見ると、2518億円を超えています。これは前年比で112.1%の伸びを記録しています。なぜスポーツシューズ分野がこれだけ伸びを示しているかですが、スニーカーブームやランニングブームなどが背景にあると見られています。ちなみにこのスポーツシューズの伸びは当面続くと見られていて、2016年は前年比105.1%伸びになると予想されているほどです。

このように国内のスポーツ用品メーカーに転職する場合には、現時点の待遇はもちろんですが、このように将来伸びそうな分野に力を入れたビジネスを行っているかどうかを確認することです。将来性なども見越して、どこで仕事をするのが長くやりがいを持って仕事に臨めるのかをチェックすることが大事です。

スポーツ用品メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 スポーツ用品メーカー転職ナビ All Rights Reserved.