外資系のスポーツ用品メーカー求人

スポーツ用品メーカーの転職TOP >> 条件別の求人 >> 外資系のスポーツ用品メーカー求人

外資系のスポーツ用品メーカー求人

日本のスポーツマーケットですが、少子高齢化が進んでいる中で伸び悩んでいる状況が続いています。しかし世界的に見れば、日本のスポーツマーケットというのはなかなか魅力的な市場だといいます。国別のマーケットの規模でみた場合、日本はアメリカに次ぐ規模・購買力を有しているといいます。このような大きな規模を持ったマーケットを海外も決して見逃すことはしません。このため、スポーツ用品メーカーを見てみると、外資系もどんどん積極的に進出してきています。そしてスポーツ用品メーカーの求人情報を見ると、外資系の募集もしばしば見受けられます。ライフタイムスポーツと言って、健康維持や増進をするとか地域住民の交流を目的として生涯スポーツをするという意識が高齢者を中心に高まっています。そのようなことも外資系のスポーツ用品メーカーが積極的に進出している背景にあります。

外資系のスポーツ用品メーカーの募集を見てみると、世界的にも有名なブランドのものが多いです。たとえばナイキジャパンやアディダスジャパンの募集はしばしば出ています。いずれも業績は非公開としているので詳しいことはわかりませんが、業界紙などの情報を見ると、1000億円規模の売上高をいずれも誇っているのではないかと言います。ナイキもアディダスも早い段階から日本に法人を作っています。最初のうちは海外のやり方をそのまま日本に持ち込んで苦戦することもあったようですが、日本の特有のやり方をマスターして、いずれも順調に業績を伸ばしています。このため、日本法人の従業員数は数百人単位に及んでいます。

外資系のスポーツ用品メーカーで仕事をする場合には、英語力がある程度必要になると思っておきましょう。国内勤務でも外国人の同僚が仕事をしていることも多いので、どこで仕事をしても英語によるコミュニケーションが必要になるかもしれません。先に紹介したナイキやアディダスの日本法人でも社内の公用語は英語となっています。もし語学力に自信がある、海外出張などで商談をまとめた実績のある人がいれば、どんどんアピールしていきましょう。

外資系のスポーツ用品メーカーの募集を見てみると、定期採用や通年採用を行っていることは少ないようです。しかし必要に応じて募集が出ます。不定期の募集になるので、どうしても外資系のスポーツ用品メーカーに転職したいと思っているのであれば、それぞれの会社のホームページの採用情報をこまめにチェックすると良いでしょう。

スポーツ用品メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 スポーツ用品メーカー転職ナビ All Rights Reserved.