大手のスポーツ用品メーカー求人

スポーツ用品メーカーの転職TOP >> 条件別の求人 >> 大手のスポーツ用品メーカー求人

大手のスポーツ用品メーカー求人

大手のスポーツ用品メーカーを見てみると、今後の動向で一つキーワードになるものがあります。それは「海外」です。実は大手メーカーを中心として、海外に活路を見出す傾向が本格化しています。というのも国内マーケットだけでは今後は縮小傾向が避けられないからです。その理由として大きいのは日本でもなお進んでいる少子化が関係しています。少子化によって、今後スポーツをする人口は国内では減少傾向が顕著になることが予想されます。ですから国内にこだわっていると業績を維持することは厳しく、ならば海外に展開していこうという動きが見られるのです。

具体例を紹介すると、国内最大手の一つであるアシックスなどはいろいろな地域に事業を展開しています。ざっと見たところでも欧米やオセアニア、東アジア地域など広範囲に事業を進めています。ちなみにアシックスの海外の売上高を見ると、10年で2倍以上の伸びを見せています。また業界ナンバーツーと言われているミズノも同様で、欧米やアジア各国で業務をすでに行っています。その他にも大手メーカー・デサントもすでに韓国を中心としたアジアでのビジネスに目を向けています。シンガポールの現地法人を作り、さらに南アジアまでの進出も念頭に置いているといわれています。このように大手スポーツ用品メーカーでは、海外の事業をどううまく切り盛りしていくかが最優先の課題になりつつあります。

ということは、大手で仕事をしたければ、海外勤務することもありうると思って対策を講じる必要があります。まずおすすめなのは、すでに海外で仕事をした経験のある人です。特に海外勤務の経験を持っている人は、即戦力として採用したいと考える大手スポーツ用品メーカーも多いでしょう。海外勤務の経験がなくても、例えば海外出張を何度も行って、海外のビジネスパートナーと商談を何度も経験したことのある人はその部分を転職活動では積極的にアピールしたいところです。

もし海外でのビジネス経験がないのであれば、いざとなれば海外の人と交渉できるだけのコミュニケーションスキルを持っていることがポイントになります。そのためには、世界的に有名なTOEICという語学力テストを受けておきましょう。ビジネス英会話を問題なくできるには、TOEICで700点とか800点のスコアが必要になるでしょう。TOEICのテストを受けたことのない人は、大手スポーツ用品メーカーの求人に応募する前にTOEICを受験しておくと良いでしょう。

スポーツ用品メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 スポーツ用品メーカー転職ナビ All Rights Reserved.