激務でないスポーツ用品メーカー求人

スポーツ用品メーカーの転職TOP >> 条件別の求人 >> 激務でないスポーツ用品メーカー求人

激務でないスポーツ用品メーカー求人

スポーツ用品メーカーですが、全体的にそれほど激務ではない会社が多いです。休日出勤はほとんどなく、完全週休2日制を導入していて、土日祝日休みのカレンダー通りのスケジュールで仕事ができ、しかも夏季や年末年始にはまとまった休暇が取れるという所がほとんどです。その中でも激務ではない求人に応募したければ、事務系の職種の募集を探してみることです。

求人情報を収集してみると、事務系のスポーツ用品メーカーの募集は「残業少なめ」を売りにしているものが多いです。事務系といっても、いろいろな職種がありますので自分の経験やスキルの活かせそうな案件がないか確認しましょう。大手スポーツ用品メーカーを見てみると、貿易事務のような募集を出している所も見られます。大手メーカーの中には国内マーケットの規模縮小傾向を見越して、海外に本格的に進出している所も出てきています。そこで海外の得意先とコミュニケーションをとるとか、文書のやり取りをする時に英語のスキルを持った人材を求める傾向も出てきています。英会話やビジネス英文スキルに自信を持っている人は、このような貿易事務などの外国を相手にした業務内容の案件を探してみると良いでしょう。

事務系で激務ではない募集を見てみると、一般事務や営業事務の案件がしばしば出ています。いずれもそれほど高いレベルのスキルは要求されません。このため、未経験者や第二新卒でも歓迎している求人も結構多くみられます。ただしパソコンを使って文書や資料、データの作成を行う業務がメインとなりますので、ある程度のパソコンスキルは要求されます。といってもそこまでハードルは高くなく、例えばワードやエクセルの基本的な使い方についてマスターできていれば採用される可能性はありますし、十分仕事をこなせるでしょう。激務ではないスポーツ用品メーカーの求人を探すのであれば、このような事務系の案件にターゲットを絞ってみると良いでしょう。

一方スポーツ用品メーカーの中でも、比較的残業が多くなってしまうのが営業系の仕事です。営業の場合、得意先の都合に合わせて業務をする形になります。得意先の小売業者の中には例えば、「店が終わってからきてほしい」と言ってくるケースもあるでしょう。そうなると夜の7時とか8時に閉店で、それ以降に商談というケースも出てくるでしょう。場合によっては休日出勤を強いられる可能性もあるので、営業で激務でない所に転職しようと思っているのであれば、条件は精査の上で応募するかどうかの判断をしましょう。

スポーツ用品メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 スポーツ用品メーカー転職ナビ All Rights Reserved.