中小のスポーツ用品メーカー求人

スポーツ用品メーカーの転職TOP >> 条件別の求人 >> 中小のスポーツ用品メーカー求人

中小のスポーツ用品メーカー求人

経済産業省の工業統計調査によると、運動用具製造業の事業者数は平成25年で1049カ所となっています。この数字ですが、平成21年度の調査と比較すると168カ所減少しています。運動用具製造業全体の年間出荷額合計を見ても、平成21年の調査と比較して平成25年は30.4%減少しています。このことを見ても、スポーツ用品メーカー業界のマーケットは縮小傾向にあります。その中でも特に厳しい戦いを強いられているのは、中小のスポーツ用品メーカーです。

中小のスポーツ用品メーカーはこのような厳しい環境の中での経営を強いられていますので、経験のない若手を採用して育成を行っていくという余裕は正直言ってないというところも結構あります。即戦力として使える人材であれば、中途採用でも採用される可能性があります。そこでもし中小のスポーツ用品メーカーに転職するのであれば、自分のキャリアを見つめ直してみると良いでしょう。そして自分のキャリアの中でもどの部分をスポーツ用品メーカーで活用できるかを考えていくことです。このように自分の強みをしっかり分析しておかないと、アピール力も弱くなってしまいます。

中小のスポーツ用品メーカーを見てみると、スポーツ用品全般を取り扱っていないケースもままあります。つまり特定のスポーツジャンルに関する商品にターゲットを絞って、製品を作っているメーカーはしばしば見られます。ここで応募先を検討するにあたって重要なのは、今後伸びそうなスポーツ用品をより多く取り扱っているメーカーを探すことです。マーケット全体では当面縮小傾向が続くと見られていますが、特定のジャンルにターゲットを絞ってみるとまだまだ伸びしろのある部分も見られます。

例えばランニングシューズやウェアといったランニング関連の商品を主力で取り扱っている企業などはおすすめです。現代の日本人は健康志向が強く、手軽に誰でもすぐに始められるランニングは根強い人気があります。若い世代はもちろんのこと、中高年でも無理なく続けることが可能です。その他にはアウトドア系の用品を製造しているメーカーも今後伸びる可能性は十分あります。特に登山に関しては中高年で根強い人気がありますが、「山ガール」と言って最近では若い女性も登山を行うケースも増えています。このようにどのような商品を取り扱っているかによって、それぞれのスポーツ用品メーカーの将来性を見極めて応募先を決めると良いでしょう。

スポーツ用品メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 スポーツ用品メーカー転職ナビ All Rights Reserved.